« 酒斗肴 龍 | トップページ | 第一弾!上海ピーマン »

番外編:出版クラブ

あなたは、神楽坂からふっと横に入ってた場所に存在するクラブをご存じだろうか。

その名も「出版クラブ」。どうやら出版社の会かなんかが関係するクラブらしい。(いい加減情報)

さて、そんな秘密でも会員制でも何でもない「出版クラブ」。かつてたまーにランチに訪れていたふせん隊ですが、今回はなんとディナーであります。和洋折衷的なものやら中華っぽいものやらいろいろあるらしいこのクラブ。我々が今回堪能したのはフランス料理のコース。090903_1940001

席に着くやいなや、ビールで乾杯。ラグビー隊員、新幹線隊員、そしてパンダ隊員はウーロン茶、金髪隊員はオレンジジュースでしたが、アメフト隊員は「フランス料理ならワインじゃないの!?」と初っぱなから「ビールなんて水と一緒だ!酒もってこい!」てきなオーラを出していて、飲む気満々で頼もしさをだしてました。

最初に出てきたのは前菜のカルパッチョ的なもの。 サーモンやらホタテやら海老やら鯛やらでした。隊員は皆腹ぺこ。そのせいか、もともとなのか判断つきかねますが、おいしくいただきました。

090903_1947001 これは、パン。2種類来ました。なんだか知りませんが、このパン、2種ともとてもおいしかったです。自家製か!?皮がぱりぱり中はしっとり、みたいな感じでした。

090903_1955001 これは、トマトのコンソメみたいなもの。でもスープじゃなくて、なんていうか、ゼリーでした。これは、名画隊員「おいしい」と評していましたが、なんだかトマトそのものを食べた方がよくない?みたいなものでした。やたらに酸っぱくて、ゼリーなので、トマトの種のところのぶるぶるだけを集めて食べてるみたいな気持ちになりました。ハムタ隊員が残しているのを目撃しました。

ちなみに、アメフト隊員、ここでようやくワインにありつけました

090903_2011001 090903_2015001 これが、メインとサラダ。メインはどどんと素敵なステーキ。下にはオクラを縦に切ったものが敷いてありました。ステーキの周りにちりばめてあるものは葉っぱのような形に切ったズッキーニ(一見、まるでカボチャの皮でした)。丸くくりぬかれた彩りのビート。さらに、謎の茶巾状のもの。この茶巾状のものは、パスタ生地みたいなものに、肉とチーズとをあわせたラビオリか?みたいなものが中に入ってました。ちょっと中華っぽくもあり、なぞでした。肉はやらかくておいしかったです。この、メインの時に、おじいちゃん隊員がなんとサラダをいきなりばばっとステーキの上にのせちゃって食べたのには驚愕

その頃になると、ラグビー隊員は酔ってもいないのに、「ひげ」について語りだし、その後、アメフト隊員と新幹線隊員と「勝負」についてアツイ会話を繰り広げてました。

そして、細メガネ隊員はハワイ隊員と楽しげに談笑。細メガネ隊員は「どんなお酒を好きか」という質問になぜか自虐的に「安い発泡酒ですよ・・・」と答えていたのが聞こえました。

おじいちゃん隊員とゴールデンレトリバー隊員はハムタ隊員にコンピューターの話題で攻めていました。

タバコ隊員は金髪隊員とアメリカでステーキを食べたらわらじみたいだった、などと熱心に話しておりました。

名画隊員は名画なので、あまりアクティブではないため、モモ隊員にたまに話しかける程度でした。

タマ隊員もそこかしこで繰り広げられている会話に参加したい様子でしたが(特にひげトークに)、遠くにいたため断念していた模様。

パンダ隊員は、そこかしこの話題に首をつっこんではすごい勢いで跳ね返されるというスカッシュのようなことを繰り返していました(自らボールとなって・・・)。

さて、そうこうしているうちに最後のデザートとコーヒー090903_2045001 デザートはメロンとアイスのフランボワーズソースがけ、あとはチョコケーキでした。「チョコうまし!」とタマ隊員絶賛。パンダ隊員はスカッシュ疲れでやけくそになり、食べる順番を間違えたため、メロンが全く甘くない状態に心で涙。他の人も残らず食べて、最後に金髪隊員が平らげたところで皆さん満腹でクラブを出ました。

タバコ隊員はすぐにタバコを吸いに消えてしまいました。中毒です。

名画隊員はご満悦で、次は魚が食べたいなどと申しておりました。

まあそんな感じで各隊員三々五々ちらばって解散となりました。

余談ですが、サービス係のかぶりものがいつか落ちないか、とハラハラした会でもありました

さて、ここで問題です!!

総勢何人の隊員が参加したディナーだったでしょうか

|

« 酒斗肴 龍 | トップページ | 第一弾!上海ピーマン »

ディナー」カテゴリの記事

コメント

フレンチのコース6500円出せば,もっとうまいものが食えるのではないか・・・と思わなくもないですが,まあ場所代もあるのでしょうね...

今度はブラッスリー・グーとかもっとおいしいフレンチに行きたい!

投稿: ハムタ隊員 | 2009年9月 4日 (金) 13時08分

わたくしも名画隊員のよこで、静かに堪能しておりました。でも、トマトのコンソメだけはどうしてもピーマン味にしか思えず、タマ隊員にピーマン…ピーマン…ピーマンとつぶやいてみたんですが、ちがいます、と一喝されて終わりました。でもね…ピーマン味みたいな臭みがあったんだもん

投稿: ももぞ | 2009年9月 4日 (金) 18時24分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 番外編:出版クラブ:

» ダ・ヴィンチ [ダ・ヴィンチ]
ダ・ヴィンチは、ルネサンス期を代表する芸術家で、万能の天才として知られています。ダ・ヴィンチの人間性や天才としての素晴らしさを紹介しています。 [続きを読む]

受信: 2009年9月 4日 (金) 17時08分

« 酒斗肴 龍 | トップページ | 第一弾!上海ピーマン »