« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

BRONX

お一人様1,000円(平日昼10名~)から貸し切りのできる店BRONXへ。

飯田橋の駅を背中にえっさほいさと神楽坂を上った右手にあります。・・・えーと、ここはいったいなんでしょう。バー?喫茶店?よくわからないけどとにかくBRONXです。

今日のメニューはグラタン(800円)と和風リゾット(800円)に決めました。

まずはカウンターで注文してお金を払います。その後、落花生と水を自分でのそのそと用意して席へ。ぽりぽりむしゃむしゃと豆をほおばりつつ料理を待ちます。

090929_1212001 これが豆。セルフサービスなので、どれだけでもとれちゃう(でもマナーとしてとったら食べてね)落花生。香ばしくておいしかったです・・・少しならね!たまにならね!

今日のグラタンは「小エビとカボチャ」。

090929_1222001 サラダと、なぜか「ニラ」のスープ(マッシュルームも中に入っていた)とロールパン(写真になし)がつきます。何にせよ、ものすごいボリューミィ。それはそうと、このカボチャ。煮物です。5つもごろんごろんと入っていて、なんっていうか「もう冬至までカボチャいりません」という気持ちにさせられました。全体的にはおいしかったけど、ちょっと飽きました

090929_1221001 これが和風リゾット。「リゾットは和風と洋風が選べマース」とお姉さんが言っておりまして、洋風はクリームを使ったものらしい。スープとサラダはグラタンの方と一緒。それにバナナ(赤いものがかかっている)がつきます。リゾット自体はおいしかったですが、これまたボリューミィ 残してごめんネ、お姉さん。

続きを読む "BRONX"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五十番

今日は、歯の痛みに耐え、整理整頓疲れに耐え、勉強会で頭が破裂しそうな状態にも耐え、ふらりふらりと五十番へ。

頼んだメニューは全部で3つ。「五十番セット(800円)」「ハーフ担々麺セット(900円)」そして、ランチのAセット「牛肉のカキ油炒め(900円)」。

090928_1212001 これが肉まん。「五十番セット」と「ハーフ担々麺セット」につきます。べちゃっとしていることもなく、ふかふかで、さわれないほど熱いわけでもなく、まあ今の時期としてはこれくらいでおいしいんじゃないでしょうか。もうちょっとさむくなってくると「なんだこれ!つめたいよ!」っていう気分になるかと思われます。

090928_1215001 で、これが麺類。手前が普通のラーメンで奥が担々麺。別にまずくもなく、ふつーでした。でもね、何となく、これで800円やら900円はないんじゃないの? っていう気分でございます。マイナス100円ずつでいいかんじ。これが神楽坂相場ってやつなの!?

090928_1232001 このセットには、「デザート」というものがつきますが、それがなんとこれでした。見ただけではなぜ「梅酒が?」という感じでしたが、なんだか缶詰のシロップみたいなのに粉々に砕いたゼリーのかけらが入っているという、なんというか中国4000年の歴史を感じさせる五十番でしか味わえないであろう「デザート」でありました。お客さんの何人かが「これはなんですか?」と質問しているのが聞こえましたが、お店の人は「甘いシロップに細かいゼリーが入っております!お酒は入っておりません!」といっていたので、特に名前のないデザートなのかもしれません。

090928_1216001

これがAランチ。なんだかおいしそうでした。そしてご飯に対してものすごいおかずの量でした。まあこれは900円でよしってかんじ。おいしさについては、どうだったのか。食事中はノーコメントを貫いていた隊員よ、フォローよろしく。

なんだか疲れすぎて、どろどろんな月曜日でありました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Saint Martin

昨日のランチですが,今頃になりました.しつれい

さて,「今日はおフランスよ~」と意気揚々とSaint Martinへ.ここ,運が良ければ入れるけど,入るのが結構難しいので,ラッキーでした

ランチメニューは4種類.すべて1050円です.「若鳥のロースト,フレンチポテト添え」「ポークのビール煮」「メダイのポワレ」そして「塩鱈とポテトのグラタン」.ふせん隊は「メダイのポワレ」以外をオーダー.

090924_1218001 先にパンとサラダが出てきます.サラダにはリーフの上にポテトやらトマトやらカリフラワーがちょろんと配置されてました しかーし!パン!パン!何やら「この人数でどう分けろというんですか?」というビミョーな数のパン.そして,なんか・・・ちょっと,こう・・・「もうちょっとおいしくできないかしら?」という感じ.パンについてはがんばれ,Saint Martin!研究の余地あり

090924_1226002

これは「塩だら」です.タマ隊員の記憶によれば「もっとしゃばしゃばしていて,スライスしたポテトが入っていた」とのことですが,これを食べたパンダ隊員は「コロッケの中身(もしくは離乳食)のようだ…」と四苦八苦しながら食べました.味は悪くないんだけど,1週間分のイモを食べた気持ち しかもー!!小腹がすくのが早かった!むきー!!!

090924_1226001

これは「ポーク」です.とろとろんと柔らかいお肉でした.味見した諸隊員から「ビールのにおいがかなりする!」とのことでしたがタマ隊員,気づかない!

090924_1226003 これは,若鶏です.ものすごい量のポテートです.シンプルなのにすごいボリューム.さあ,これを食べたメロンパンナ隊員(別名:横綱隊員)「水じゃつまらない.ワインが飲みたーい!」「ソースをかけてくれればよかった」など,要望炸裂 同じメニューを食べていたモモ隊員が「マスタードがソースの代わりなのではないか」「横綱的には1杯くらい飲んでも平気だと思う」など,「まあまあ」的な感じになるも,どうやらこのメニューではメロンパンナ隊員をメロメロ~にすることはできなかった模様.がんばれ,鶏!

ま,そんなわけで,食後,ふらふらと散歩をしていたら,毘沙門天のところで山形から来た市を開いていたのでラ・フランスなど購入.さらに,ベローチェでコーヒーを飲んでいたら「やばい!昼休み終わっちゃう~!」と大慌てでわらわらと帰って行ったふせん隊でありました(おしまい

| | コメント (1) | トラックバック (0)

日曜日の番外編:トラットリアロアジ(等々力)

今日は晴天に恵まれ、雲ひとつない天気。みなさま、あっちこっちに行かれてことでしょう。

私、ももぞはちょっと遅いランチを世田谷の等々力にあるトラットリアロアジでいただきました。スナック「ともだち」の2階にあるイタリアンです。ともだち…「20世紀少年」とはまったく関係ないのですが、いつもこのお店を見つけるときはつい「ともだち」の上、上、と探している自分がおります。

090920_1439001 ランチは、手軽なものにパスタランチ(1200円)と、ワンコースランチ(1800円)がございます。どちらも前菜かスープをまず選びましょう(これはだだちゃ豆の冷たいスープ)。豆の甘味をたっぷりと味わってください。

フニックリフニックラからオオソ~レミオまで高校の音楽の時間がなつかしくもある名曲が流れる中、おいしいパンと一緒に食べましょう。

090920_1439002 ちなみにこっちは前菜。イカとパプリカのマリネ?お肉とセロリとオレンジのマリネ?カレー味のマリネ?ごめんなさい…わからないけれど、みなおいしかったです。はっきり言えるのはブロッコリーとキッシュがありました…フニックリフニックラ

090920_1454001 090920_1454002 090920_1455001                 

さあ、これがスパゲッティ。左からジェノベーゼ、渡りガニ、鴨肉です。どれもおいしいじゃありませんか!ここは思わず、サンタ~ルチアも歌いたくなること請け合いです。

090920_1520001  デザート(ティラミス)とコーヒーで〆。

おっと…

ワンコースランチには魚か肉が選べます。腹をすかせた人にはまさしく救いの一品料理でしょう。これは鳥をローストしたものにきのこのソースがかかっています。さあ、ここは、帰れ~君!ふるさとの町~このソレントへ…か・え・れ・よおおおと心の中で絶唱してください。ザッツイタリアン。

090920_1506001                            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くるみ

今日はふせん隊心のオアシス(勝手に)くるみへ.

Image

食べかけの写真で失礼

今日肉玉そば(750円).これ,今日初めて知ったんだけど(遅すぎ),メニューには850円ってなってるのに,ランチのときだけ安いみたい!素敵

今日はねえ,やや卵が軟らかかったです.もうちょっと硬めのほうが好き

モモ隊員ったら「そば」じゃなくて「うどん」にしようなんて言っていたくせに,勇気がなくて「そば」だなんて注文をしていました.次回はぜひ「うどん」を!

続きを読む "くるみ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

めん徳二代目つじ田

今日のランチに参加できなかったハムタ隊員。だいごがくやしかったのか、仕事が終わるとふらふらと神楽坂を通り抜け、飯田橋の東口にある「めん徳二代目つじ田」に向かっていました。ここは神田とかにも店舗がある、つけ麺の有名店です。

で、頼んだのがこちらの二代目つけめん(980円)。ちょっとお高め

___2 チャーシュー、のり、めんま、味付玉子、すだちが付きます。この店には食べ方が貼ってあり、それに沿って食べるよう書いてあります。

Tabekata_ それがこちら。まずはそのまま食べ、次に麺にすだちをかけて、最後に黒七味をかけて食べるとのこと。すだちをかけるとさっぱりと、黒七味をかけるとちょっと大人の味に、そして最後にはスープ割りと4通りの味を楽しめます。

お味は・・・比内地鶏を使っているとのことでスープはおいしいし、麺も太麺でおいしいです。大崎の超行列店に1時間以上並ぶのであれば、全然ここでいいかなという感じです。が・・・スープまで全部飲んじゃったせいか、腹いっぱいで、ちょっと胃もたれ気味。夜にはちょっとヘビーでした

| | コメント (1) | トラックバック (0)

つけ麺だいご

本日は毘沙門天目の前ノ「シマダビル」1階と地下1階の「つけ麺だいご」へ.

入っていきなりのショック.9月28日閉店

がーん.復活後,最初で最後の辛つけ麺になるのね・・・と感慨深げに地下へ

メニューを見てまたも衝撃が

知らない間(勝手に留守していただけですが)にメニューが変わってました.辛つけ麺メニューは全4種類(全780円).

・初代(中辛) ・二代目(小辛:初代+魚介スープで辛みを和らげています) ・三代目(激辛:初代+激辛唐辛子で辛みアップ) ・四代目(中辛:初代+豚肉ニンニク炒め)

われわれのオーダーは二代目と四代目.どちらも見た目は同じでGetattachment1 こんな感じ.

麺の量が膨大.しなちくが2つさみしげに麺の上に乗っています

最初の一口でむせるむせる.中辛でもむせまくっていたのに,隣の「三代目:激辛」を頼んでいた女子大生は余裕でクリア.ちなみに,彼女,ほかのひとと箸の色が違いました.真っ赤に染まる割りばし・・・きゃー!!おそろしいわ!痔になるわよ、痔に!!と叫び出したい気持ちを抑え,黙々と食べ続けた我々でありました.

それ以外に「最後だから」と言って食べている人が何人もいたのに軽い驚きを.みんなに愛されていたのね・・・だいご・・・

続きを読む "つけ麺だいご"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

だいこんや

本日は,毘沙門天そばのだいこんやへ.

しょっぱなからなんですが・・・ここは,前からですけど,店員さんが.今日の店員さんも変でした.おばさんは,なんでそんなに客に対してそんな話し方するんですか?ってかんじだし,おじさんは,何だか注文取り終わってもぶつぶつといつまでもお客さんの後ろに立って何か自分の確認してるし.平林都先生の接遇を学びなさい・・・って思いました.

それはそうと,今日のメニューは肉と魚.肉は「豚ひれ肉のローストカレークリームソース」魚は「秋鮭・大根・茄子の西京煮」.どちらも1000円です.どちらもご飯は「白米」「玄米」「炊き込み(今日はシメジ)」からえらべます.味噌汁,お豆腐,コバチ,大根の漬物みたいなものもつきます.

Getattachment2 画像が暗くてすみません.これは豚ひれのほう.隣までカレーが漂ってくる,とかそんな感じでは全くないけれど,白っぽい黄色がカレークリームね・・・ってかんじでした.

Getattachment1 で,これは,魚のほう.これはホントに秋鮭ですか!これは,何で焼かないで煮たんですか?と多々疑問が残るものでした.「藤や」の西京焼きのほうがうまかったぞー!!そしてしゃけがぼろぼろに崩れて悲しいものになっていました.

でも何はともあれ,あのおばさんが気になる…気になる…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ローズルーム

本日は,昨日の「藤や」と同じ地蔵坂の出版クラブのローズルームへ.
先日,ディナーでは来たものの,ランチは復活以来初となります.

本日のメニューは3つ.「日替わり:若鶏のトマトソースバジル風味」(1000円),「ハンバーグ和風ソース」(1050円),そして「黒ゴマエビカレー」(1050円).

すべてにセルフサービスのスープとサラダ,飲み物とデザート(今日は杏仁豆腐)がつきます.

090915_1213001_2

見よ!このサラダを!!サラダ,モモ隊員が「たらこスパよ~」と熱狂してとりまくったのはさびしい味のただのパスタでした….そのほかには,ミニトマト,有路,コーン,レタス,海藻,玉ねぎ,などがありました.余談ですが,我々が食べ終わったころに「卵」が出てきて,全員地団太を踏みました

090915_1218001_2

若鶏のトマトソース」は「ああそうですか」という可もなく不可もない味だったそうです.見た目もそんな感じです.っていうかここにもパスタが!!モモ隊員はこのメニューをオーダーしたため,ひとりパスタ祭りになりました

090915_1216001_2

「黒ゴマエビカレー」は以前はなかったメニューだ!と勢いで選択出てきたもののあまりの黒さにたじろぎましたが,匂いはゴマだけど,味はそうそうゴマでもなくて,まあありかな,ってかんじでした.しかーし!!ぬるいカレーでぬるいなんてありえなーい改善の余地あり.あと,昔は付け合わせのラッキョウや何かがおしゃれ風なトレーにのって出てきたと思うのだけれど,なんだか場違いな小皿に乗って出てきていました.あのトレーはいずこに

090915_1222001

さて,本日の大正解は「ハンバーグ和風ソース」でした.なんかアツアツだったし,見た目もふっくらしておりました.さらにパンはディナーの時に食べたおいしげなパンではありませんか!!!(冷めてたほうがおいしいか?との意見もあり)

で,杏仁豆腐とお紅茶をたしなんでおりました我々に衝撃がなんと背後にお姉さんが「お待たせしました黒ゴマエビカレーですとにこやかにほほ笑んでいたのです.がーん無言になる我々.「あれ,違っちゃった」と言って去っていくお姉さん.もう1杯カレーを食べろというんですか!間違いでよかったです….

| | コメント (5) | トラックバック (0)

藤や

なんとなーく普通の和食が食べたいじゃねぇか!っつーことで、今日は出版クラブの前の道をぐんぐん行って、大江戸線の出口に近いところにある「藤や」へ。

店内には「上田桃子(ゴルフ)」の書いた「藤やさんへ」のサイン色紙がどどんと飾ってあります。・・・きたのか!?

さて、それはともかく、今日のふせん隊メニューは2種。「新サンマ(850円)」と「鮭の西京焼き(750円)」。

090914_1209001まず、小鉢とお新香が出てきました。小鉢は冷や奴。 ここから待つこと10分。ようやくお魚が焼き上がって参りました

090914_1225001まず、サンマ。サンマは、これはもう見るからにおいしそうなかんじで。よろしゅうございました。先日、サンマはスーパーでも買えるか!?という思いがよぎった隊員ではございますが、このサンマ。スーパーで買えるサンマの「高いほう」に匹敵する肉厚、さらにジューシーさ。季節感満喫ってことで。

Image これは鮭。あまりの画像の暗さに貞子が出てきそうですみません。これもすごく大きな身でおいしかったです。カボチャが横にちょろっとついていました。

味噌汁は豆腐と若布の味噌汁というオーソドックスなもの。

ただ、基本的に、塩分濃いめ?な感じ。「まぐろぶつ」を頼んでいる人が多かったけれど、刺身系にしたら、塩分を押さえることもできたのかも。

おいしかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

番外編:アッチャカーナ(二子玉川)

本日は、二子玉川からこんにちは。

玉川高島屋の1階でたところにございます日本一おいしい「アッチャカーナ」のカレーをご紹介いたします。

「日本一」といってしまうと、じゃ、かっちゃんカレー(ソーリソーリのディップマハル)はどうなる、とパンダ隊員からの苦情が聞こえてきそうなので、one of 「日本一」ということで。

それくらいですね、おいしいのですよ。カレーのルーはこのお店特製のトマトがベースになっている味のカレーです。ご飯は白米か麦ご飯から選べます。

090913_1916001 まず、にんにくとやさいのフリットカレー。野菜をさっとあげた具がのっているカレーで、おいしい…さくっとあがった野菜がおいしい。とにかくおいしい。

090913_1919001 これはチキンカレー。骨付きチキンがごろっと2つ入ってます。ざくぎりたまねぎもたくさん入ってます。おいしい…やわらかいチキンがおいしい。とにかくおいしい。

090913_1920001_2 ちなみにこれはトッピング用としてテーブルにのっている、アーモンドのスライスと干しブドウさんかけ放題…

090913_1921001_2 そしてカツカレー。ゴージャスになんとカツが2枚のっています。さくさくっとしていておいしい…トンカツ定食に負けないほどおいしい。

最後には、お口なおしとして、ショットグラスにアイスコーヒー(ダッチコーヒー?)とクッキーがつきます。ほどよいカレーの辛さがここでさわやかに消え…「朕は国家なり」状態が待っているのです(なんとなく)。

二子玉川にいらした折にはぜひお試しを。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

ソフラ

090911_1244001

ソフラ・・・トルコ料理に行って参りました。

毘沙門天のところでお兄ちゃんがチラシをくれたから、思い出して行ったのですが、うーん・・・。いきなりの値上げを発見。あやうく下のSHUNに行くところでしたが、初志貫徹、と2階のソフラへ

いました、おばちゃん。

いや、その前に、気になるのが各テーブルにおかれている謎の塔。バベル?090911_1211001何をするものなのか謎です。ところで、かすかに見える後ろの白いものですが1つにはお砂糖が、なぜかもう1つには七味唐辛子が入っていました。なんじゃこりゃ。

で、我々のメニューはシークケバブとドネルケバブ。ようは鶏肉と牛肉です。

090911_1214001 ここはねえ、スープとパンだけでいいじゃん!っていうくらいだったのを思い出したのですが、なんとそのスープが前とかわっていました。なんか豆っぽくでおいしくないっていうか。ぶー

で、パンもなんかかわってた。前の方がおいしかったなあ。

牛肉の方は相変わらず香辛料なのか肉なのかわからないにおいが。(つづく)

続きを読む "ソフラ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

大戸屋厨房(弁当)

Getattachment1 味噌デミソースハンバーグ弁当(670円)。

まずい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カフェ・ド・クリエ

Getattachment2aspx_2



カフェ・ド・クリエ・・・それはタマ隊員の鬼門.
かつてお姉さんを意図せずして爆笑させ,注文を取るのも難しい状態にさせた店(それを最後にお姉さんは店から姿を消したのであった・・・).
そんなカフェ・ド・クリエにいってみた.
なぜなら三好弥の麺にやられていたので「こーひー!!」と突然の禁断症状に襲われたからであります.

さて,カフェ・ド・クリエ.ただいまアイスカフェ(つまりアイスコーヒー)の2割がつんと増量中なるキャンペーンをやってます.大きな方のサイズだとなんと5割も増量!!
なのでそれを注文.
結論から申し上げましょう.
増量よりも,お値段2割引の方がうれしいです・・・
あんなにいらなーい!!!
会議中にトイレに行きたくなった(そしてついに行った)P隊員.
ベローチェでよかったんじゃないか?みたいな印象で終了


| | コメント (0)

三好弥

カムバック!ふせん隊で再訪しなければならないところ…

そこは何でもでてくる神楽坂きっての定食屋「三好弥」。雨の日も風の日も雪の日も困ったときは「三好弥」の洋食セット・中華セットが助けてくれるのです。

さて…

我々は「三好弥」をずっと「みよし」と呼んでいました。「弥」を読んでいなかったという事実に今日気がつきました。

勝手に「みよし」と…

前置きはこんなところで、パンダ隊員、あとはよろしくお願いします。

続きを読む "三好弥"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

魚吉三

ハムタ隊員、牛込中央通り方面でお仕事があったため、帰りに牛込中央通りで単独ランチ。せっかくゆっくり時間があるので、リストランテアモローソで優雅なランチを・・・と思ったら、ランチは木~日のみ・・・残念

で、ふらふらと牛込中央通りをさまよい、目に入ったのがこちら。

Miseとおばん采の店、魚吉三(うおきちさん)です。メニューを見ると秋刀魚があるではないですか。週末のニュースで目黒のさんまを見てからずっとさんまを食べたかったハムタ隊員。急にイタリアンから和食に変更です

で、頼んだのがこちらの秋刀魚定食。__

温泉卵と漬物がついて980円。ごはんとお味噌汁はおかわり自由です。さんまは脂が乗っていて非常においしゅうございました。が・・・この場所でこの値段は高いのでは・・・という感じがしないでもないです。800円ぐらいだったらうれしいかなあ。でも店内は2時近くなのに結構込んでいたので、人気があるんですねえ。

牛込中央通りも徐々に開拓していこうと誓ったふせん隊でした

| | コメント (5) | トラックバック (0)

たきおさんのページを見て心へ。

ぐるぐるとらせん階段をのぼって3階へ。

地魚御前(980円)は終了、満腹御前(780円)は「サバ」と書いてあるけれど「サンマ」ということで、変更ありありの今日の090908_1226001_2

なので、我々のオーダーは心御前(880円)になりました。これには、いったい何がついているかというと、サラダ、味噌汁(わかめと豆腐)、ごはん、漬け物、天ぷら(海老、魚、エノキダケ、ナス、シシトウ)、マグロのお刺身(4切)、煮物(鶏肉、ニンジン、大根、里芋)でした。

さて、天ぷら。これはいかがしたものでございましょう。とくに、タマ隊員のお魚の天ぷらがものすごい油にまみれておりました。色が変色するほどに。パンダ隊員は、「天つゆにつけたの?」と思っていましたが、ただの油だったようです。

そんなパンダ隊員のマグロもなにやらスジスジで悲しかったです

すべての隊員が苦労したのは、エノキダケの天ぷら。エノキダケ、天ぷらにしたらいけなくない?かみ切れず、歯には挟まるし、何というか・・・デンタルフロス状態。歯の面倒も見てくれる店なのか?

で、煮物。なぜ唐辛子を山のように入れるのだ!!偉く辛い代物でした まだ暑いしーってことで食中毒対策?殺菌のため?

お味噌汁はおいしゅうございました(再び岸朝子)

煮物とエノキの天ぷらに関しては、好意的解釈を試みるものの(上記)全体としては、「満腹」にはなったものの、さらなる努力を期待、というところかな。

追加ですが、3階に上がるまでの間、まず1階の出入り口が狭すぎてわけがわからないっていうことと、2階でお会計という謎のシステムもちょっと訳がわからなかったです。1階はほかの店なのかと思ってしまいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Cantina Firenze

暑い!暑い!

しかし!パスタを食べるべし!として走りましたふせん隊

で、たぶん神楽坂の途中、中華の五十番そばでもあさんと思われるジョン・レノンとすれ違いましたわ。神楽坂広しといえども、ジョン・レノンといえばもあさんですからっっ!

それはそうと、そのままダッシュで走り抜け、毘沙門の横を曲がってCantina Firenzeへ。

1200円のパスタランチをオーダー。

まずはじめに、サラダが出てきます。シェフの気まぐれサラダ、というなのサラダが。090907_1227002 090907_1229001 サラダには、気まぐれにトマト入り卵焼きみたいなものと生ハムがのってました。葉っぱの中にはなんだか辛いものが混ざっていました。日本風にいうとカラシナってかんじ?かつて、SOPRA ACQUA(神楽坂をもっともーっとのぼっていって、坂を下がった交番そばにあるイタリアン)のサラダも昔はこんな感じじゃなかったか?と思い出に浸る隊員。

パンは2種類。トマトっぽい味のと塩味っぽいの。可もなく不可もなく。

リゾットとかいろいろ選べましたが、ふせん隊のチョイスは全2種類。アサリとかのスパゲッティー090907_1244090907_1244001 鶏の軟骨入りペンネみたいなもの。ペンネ。辛かったっす。軟骨の食感はおもしろく、「なるほどねー」と思いつついただきましたが、ソースっていうよりも、パスタ自体どうだ?っていうのはやや疑問。スパゲッティーのコメントよろしく。何よりも出てくるのが遅い!っていうのに赤ふせん3枚。

最後にコーヒーとお茶菓子がでましたが、がぶ飲み。そしてたちながら食べるお茶菓子。せっかくなので、もっと優雅に行きたかったのに。なーんかがっかりなかんじ。しかも1200円だし。店として目指してる方向はわかるものの、今一歩。

そもそも、入り口で「ご新規さまご案内~」とかっていうのはここは銀座のクラブか!?ってかんじでした。

あとは、サービスしてくれるお姉さんの謎の髪型に興味をひかれた昼下がりでございました

| | コメント (2) | トラックバック (1)

土曜の番外編:トラットリア アガペ(渋谷)

お久しぶりでございます。

昨日のももぞ、渋谷の東急百貨店8階にあるトラットリア アガペにてランチをいただきました。

アガペでございますよ…アガペ。イェスの茨の冠に花びらがでてきちゃう、そんな無償の愛…(「聖☆おにいさん」参照)

そんなアガペにて、1260円(だったと思う)ランチをいただきました。

090905_13120012

まずはサラダ。どうです。一枚のお皿に仲良くレタスと生ハムとポテトサラダとパンが載っています。仲良きことはよいこと。おいしいですよ。ええ、1アガペ。

090905_13160012

次。本日のスパゲッティ。生ハムとトレビスのトマトソース・スパゲッティ。生ハムはいったいどこへ行ってしまったのでしょうか。ひょっとしたら、ひき肉化されてごろごろ入っていたのがかつての生ハムの姿だったのでしょうか。生ハムのアガペ…よくわかりませんでした。そして、苦くて紫がかった野菜が寂しげに2つほど、でろろろ…と。これがトレビスか。おまえがトレビスか?よくわかりません。味は普通にミートソース的なおいしさでした。が、全体的によくわかりません。

次にイカとカラスミと季節のお野菜のペペロンチーノ。

090905_13160022 こちらはペペロンチーノですっ!と主張しているペペロンチーノ味で、ももぞにもよくわかりました。普通が一番。イカもカラスミもちょうどよく、サラダ同様1アガペを。

最後にデザート。

090905_13310012 バナナがクレープ状のものにくるまれているデザートで、黄色のシャーベットはパッションフルーツみたいな味でございました。

クレープ状といったのは、たぶんクレープなんでしょうけれど、巻いて冷している間に乾燥しきってなにやらよくわからない堅さに変化してました。シャーベットだけでもよかったでしょうか。

真中シェフの本がたくさん入り口にございました。石鍋シェフのお弟子さんだそうで、きっとすばらしい方なのでしょう。広尾に本店があるそうなので、そっちで食べればもっとすばらしいのでしょう。

が、店名アガペですからね…アガペなんだから、手をぬいちゃあ困るのです。

コーヒーをたくさんお皿にこぼしたままもってきて、謝って持ち帰って、また持ってきたけれど、コップにはこぼれたあとがべろろろとそのまま…マイナス1アガペ。

おつりは計算できず1000円足りないし…マイナス1アガペ。

というわけで、土曜日は無償の愛を捧げることができなかったももぞです

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ディップマハル

ほんとは「さかのうえ」に行きたかったのだけど、いっぱいだったので、その下の「ディップマハル」へ(どちらも神楽坂上交差点そば、細木数子事務所のあるビルとなり、ってかんじの位置)。

090904_1223001 ナマステ、ナマステー!ってことで、カレーランチ(920円~)をオーダー。ちなみに、本日のカレーは「カボチャとチキン」。写真に写っているのは、マトンカレーとキーマカレー(卵の方)。注文したすべてのカレーの辛さはマイルドでお願いしました。

090904_1218001 さて、最初にサラダが。写真で見ると巨大サラダ、のようですが、これはこれは手をグーにしたよりも小さい感じの器。キャベツをこぼさず食べるのが難。でもまあこんなもんです。

カレーは何種類も撮っても仕方ないので、2種類だけ撮りました(上の写真)。どれもこくがあっておいしい!でもマイルドなのにカラーい
090904_1223002 ナンはなんだか巨大でしたが、かりっとしたところが香ばしかったです。もうちょっと小さくてもよくてよ・・・。寝そうです

これに飲み物(マンゴーラッシー、チャイ、コーヒー)がついてました。

今日はメニューよりも、備え付けのスクリーンが気になって、気になってもりあがったふせん隊。それもそのはず。そこでながれていたのはボリウッドの大スター、シャールク・カーン(Shahrukh Khan 43。蝋人形あり)の映画でした。タイトルはKAL HO NAA HO。字幕も何もないので、あまりの激しい号泣っぷりに、こちらは勝手に「この人花嫁のお兄ちゃんなんじゃないか?」と憶測していたのですが、友達でした。なんかその町(ニューヨーク)に引っ越してきた男で、周りをどんどん明るくさせてく役だったそうで。花嫁の親友に告白されたり、なんだかいろいろあるけれど、誰の想いにも答えられない眼力男!なぜか!?・・・心臓病なんだってさ~。いいけど、映画では踊りまくってましたが、心臓の方はいいのか!?気になる方はDVDを借りて見てくださーい。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

第一弾!上海ピーマン

本日、ふせん隊、2班に別れて活動しました。

第一班のテーマは「石焼きビビンパが食べたい!(ビビンパブルルモゴシッポ!)」ということで、愛する鳥竹に参りましたが、ランチやってません・・・ここ最近ランチはやっていないんですよね~どうした。恒さんぜひランチ再開してください。署名活動しようかしらね。みなさまご協力を・・・

というわけで、気を取り直しまして、鳥竹の目の前にあります上海ピーマンへ。店内はすでにおじさんやガテンな人たちで満席。ふせん隊、おじさんに合い席させてもらい、なんとか席ゲット。

で、ハムタ隊員が頼んだのが、定番の上海セット(750円)。

Photo_2

ラーメンとライスと餃子5個という炭水化物てんこ盛りのなんともボリューミーなセットです。「食えねーよ・・・」と言いつつ、あっさりと完食。ラーメンがね、非常にあっさりとしていて、それでいて餃子はかなりニンニクガツン!でするするとはいってしまいました。おなか周りが気になるお年頃のハムタ隊員、今日は走らなきゃ・・・

で、メロンパンナ隊員が頼んだのが、酢豚と麻婆豆腐のセット(750円)。

Rannchi こちらはこの値段で2大中華料理(勝手に)が食べれるというなんともお得なセットです。メロンパンナ隊員も大満足とのことでした。

以上、久々に食べてもやっぱりおいしい上海ピーマンの報告でありました。次は第二班よろしくです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

番外編:出版クラブ

あなたは、神楽坂からふっと横に入ってた場所に存在するクラブをご存じだろうか。

その名も「出版クラブ」。どうやら出版社の会かなんかが関係するクラブらしい。(いい加減情報)

さて、そんな秘密でも会員制でも何でもない「出版クラブ」。かつてたまーにランチに訪れていたふせん隊ですが、今回はなんとディナーであります。和洋折衷的なものやら中華っぽいものやらいろいろあるらしいこのクラブ。我々が今回堪能したのはフランス料理のコース。090903_1940001

席に着くやいなや、ビールで乾杯。ラグビー隊員、新幹線隊員、そしてパンダ隊員はウーロン茶、金髪隊員はオレンジジュースでしたが、アメフト隊員は「フランス料理ならワインじゃないの!?」と初っぱなから「ビールなんて水と一緒だ!酒もってこい!」てきなオーラを出していて、飲む気満々で頼もしさをだしてました。

最初に出てきたのは前菜のカルパッチョ的なもの。 サーモンやらホタテやら海老やら鯛やらでした。隊員は皆腹ぺこ。そのせいか、もともとなのか判断つきかねますが、おいしくいただきました。

090903_1947001 これは、パン。2種類来ました。なんだか知りませんが、このパン、2種ともとてもおいしかったです。自家製か!?皮がぱりぱり中はしっとり、みたいな感じでした。

090903_1955001 これは、トマトのコンソメみたいなもの。でもスープじゃなくて、なんていうか、ゼリーでした。これは、名画隊員「おいしい」と評していましたが、なんだかトマトそのものを食べた方がよくない?みたいなものでした。やたらに酸っぱくて、ゼリーなので、トマトの種のところのぶるぶるだけを集めて食べてるみたいな気持ちになりました。ハムタ隊員が残しているのを目撃しました。

ちなみに、アメフト隊員、ここでようやくワインにありつけました

090903_2011001 090903_2015001 これが、メインとサラダ。メインはどどんと素敵なステーキ。下にはオクラを縦に切ったものが敷いてありました。ステーキの周りにちりばめてあるものは葉っぱのような形に切ったズッキーニ(一見、まるでカボチャの皮でした)。丸くくりぬかれた彩りのビート。さらに、謎の茶巾状のもの。この茶巾状のものは、パスタ生地みたいなものに、肉とチーズとをあわせたラビオリか?みたいなものが中に入ってました。ちょっと中華っぽくもあり、なぞでした。肉はやらかくておいしかったです。この、メインの時に、おじいちゃん隊員がなんとサラダをいきなりばばっとステーキの上にのせちゃって食べたのには驚愕

その頃になると、ラグビー隊員は酔ってもいないのに、「ひげ」について語りだし、その後、アメフト隊員と新幹線隊員と「勝負」についてアツイ会話を繰り広げてました。

そして、細メガネ隊員はハワイ隊員と楽しげに談笑。細メガネ隊員は「どんなお酒を好きか」という質問になぜか自虐的に「安い発泡酒ですよ・・・」と答えていたのが聞こえました。

おじいちゃん隊員とゴールデンレトリバー隊員はハムタ隊員にコンピューターの話題で攻めていました。

タバコ隊員は金髪隊員とアメリカでステーキを食べたらわらじみたいだった、などと熱心に話しておりました。

名画隊員は名画なので、あまりアクティブではないため、モモ隊員にたまに話しかける程度でした。

タマ隊員もそこかしこで繰り広げられている会話に参加したい様子でしたが(特にひげトークに)、遠くにいたため断念していた模様。

パンダ隊員は、そこかしこの話題に首をつっこんではすごい勢いで跳ね返されるというスカッシュのようなことを繰り返していました(自らボールとなって・・・)。

さて、そうこうしているうちに最後のデザートとコーヒー090903_2045001 デザートはメロンとアイスのフランボワーズソースがけ、あとはチョコケーキでした。「チョコうまし!」とタマ隊員絶賛。パンダ隊員はスカッシュ疲れでやけくそになり、食べる順番を間違えたため、メロンが全く甘くない状態に心で涙。他の人も残らず食べて、最後に金髪隊員が平らげたところで皆さん満腹でクラブを出ました。

タバコ隊員はすぐにタバコを吸いに消えてしまいました。中毒です。

名画隊員はご満悦で、次は魚が食べたいなどと申しておりました。

まあそんな感じで各隊員三々五々ちらばって解散となりました。

余談ですが、サービス係のかぶりものがいつか落ちないか、とハラハラした会でもありました

続きを読む "番外編:出版クラブ"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

酒斗肴 龍

曇り空の神楽坂からこんにちは。

今週は洋食→中華→洋食と来たので本日は和食!

神楽坂をぐーっと上っていった右手、お茶屋さんのビルの地下にある「龍」にやって参りました。

いろいろあるメニューですが、我々が頼んだのは2つ。干物定食(840円)と二色丼(840円)。090903_1225001 今日の干物定食は「しまほっけ」。ほっけといえば夜の魚 おいしいー!しょこたん風にいえば「ギザうまス」、のりP風にいえば「マンモスおいP」となるのでしょうか。おいしかったです。

二色丼の方は「海鮮天丼」と「ポークキャベツ味噌炒め(よ090903_1223001うは回鍋肉)」でした。天丼の方はすでに味がついているとのこと。塩味でした。一口食べて「おいしい」と隊員。岸朝子風にいえば「おいしゅうございました」というところでしょうか。残念ながら「ポークキャベツ味噌炒め丼」については感想を述べないで食べていた隊員。コメントでフォローお願いします。

それぞれ、お味噌汁と、おつけもの、さらには小鉢がつきます。今日の小鉢はキュウリとイカのスイートチリソース和えみたいな感じのもの。これは可もなく不可もなくでございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

HIDE MARGHERITA

ボンジョールノ

天気は曇りだけど、陽気なイタリア人(だと思いたい)風な人々のお出迎えで始まった今日のランチは神楽坂上交差点そばのイタリアンHIDE MARGHERITAです。

いくつかあるランチメニューの中で、我々が頼んだのは、結局ピザ3種でした。ピザのランチは1000円です。すべてにスープがつきます。今日のスープは冷たいジャガイモのスープ。まあつまりヴィシソワーズですな。

ピザメニュー最初の「モルタゲラとマスカルポーネ」は「モルタゲラって何だ、何だ」と騒ぎつつ注文090902_1218001 「チーズ」という予想だったのに、店員さん曰く「大きなソーセージのようなもの」とのこと。と、いうわけで、上にのってる巨大なものが「モルタゲラ」。さあ、皆さんご一緒に!

Cocolog_oekaki_2009_09_02_13_28

覚えましたね。おめでとう

あとのメニューは「サラミとブロッコリー」そして「小エビとアスパラ」。これは読んで字のごとく、誰にでもわかります。

090902_1220001 090902_1221001 「サラミとブロッコリー」と「モルタゲラとマスカルポーネ」は肉が入ってるだけあって味が濃いめ。特に「モルタゲラ」のほうはチーズがマスカルポーネなので、ちょい甘いチーズと合ってよい感じ。「サラミとブロッコリー」については、「ブロッコリー」の意味はちょっとわかんない。彩りって感じか!?「小エビとアスパラ」は見た目はかわいかったが、味はちょっとパンチが足りないかんじ。おそらくほかの2種類の味が濃かったからでしょう。食べる順番失敗か

まあそんなこんなでしたが、おいしかったです。ボーノボーノ

よかったのは食べきれなかったピザを包んでくれたこと。おみやげデス。

減点ポイントというか、やや残念だったのは、これでコーヒーがついたらいうことないなあ、ということくらいじゃないでしょうか。しかし赤ふせんを貼るまでにはいかず、本日終了。

続きを読む "HIDE MARGHERITA"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

海老専科

今日は外がきっもっちいいー

まさに台風一過

さてさて、今日は海老専科

頼んだメニューは全部で3種類。っつーか、写真大きくしたらぼけぼけになっちゃって、小さくてすみません。

090901_1225001_2 これは酸ラー湯麺(750円)。昔から我々の定番メニューとして愛されていたこの酸ラー湯麺ですが、はい!ここで復活第一弾の赤ふせん!!!「麺がなんだかおいしくない!」との隊員評。さ、ら、に、「付け合わせの餃子が冷たすぎる!スープにつっこみたいくらいだ」と。・・・作りおいていたのでしょうね、もうちょっとがんばれ、海老専科。

090901_1224001これは、海老入り野菜五目ラーメン(750円)。 これは野菜がたっぷり。しかーし!ここも酸ラー湯麺同様の赤ふせんが!「付け合わせの餃子」に対するふせん。「海老さえ入れればいいってもんじゃなーい」という隊員の叫び。

090901_1222001 こちらは海老入り広東焼きそば(700円)。これも、以前からの定番メニューの一つ。相変わらずの味でした。若干野菜が少なめになってた?というのは気のせいか。これは餃子がないおかげで赤ふせんの犠牲にはならず。

どうやら10月31日まで海老祭りを開催中らしい。帰りに、次回100円引きのお食事券をくれた(裏はコース10%引き、海老料理30%引きの券も兼ねています)。

このお食事券を次回使うことはあるのか!こうご期待。

ちなみに、隣の席の二人組が食べていた、夏限定メニューの「蒸し鶏の冷やしラーメン」と「ジャンジャン麺」ですが、どちらも猛烈な量でした。あんなの食べたら午後は仕事にならないだろうなあ、半分の量にすればいいのに・・・という思いを胸に店をあとにしたふせん隊なのでありました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »