« 2007年10月 | トップページ | 2009年8月 »

かつ善

本当にお久しぶりでございます。この季節になると、ドロドロなスケジュールになるふせん隊。更新がままならずご迷惑おかけします。

さて、暮れも押し迫った本日、26日、ふせん隊、走りました。たきおさんのお薦め、神楽坂一美味しいという伝説の豚カツ屋さん「かつ善」へゴー。

東西線神楽坂駅の矢来口方面から出て早足で道沿いに下れば1分ぐらいで到着。初「かつ善」ということでロースかつ定食(800円)とヒレカツ定食(900円)をオーダーしました。

カウンターからおじさんの華麗なる手さばきを見学。

お肉を卵につけるときは、フォークみたいなもので刺してつければ、手がパン粉だらけにならないのね…おじさん、ワンポイントアドバイスありがとう…と見つめているうちに、一気に全員分のお肉があがっていきます。

そして…これです!と写真をお見せしたかったのですが、撮るのを忘れました。ご覧になりたい場合はたきおさんのHPに飛んでください。ロースカツはたぶん200グラムくらい軽くあります。エベレストのようなキャベツの山に、オーストラリア大陸のようなカツのコンビネーション…。そのほかに、つけもの、冷や奴、味噌汁、ご飯で800円は、神楽坂ではあり得ないお値段でしょう。

最初からドンブリに盛られたご飯の完食は無理…と思い、減らしていただきましたが、それがおじさんの心配をあおったのか「ご飯が足りなかったらいってよ」「ご飯は足りてるかい?」「ご飯は…」と3分毎にご飯の分量チェックが入るため、残したらいけない、と我々もテンション高く食べ続け「完食」。

おじさん、おばさん、幻をありがとうございました…。

お味:★★★(と・ん・か・つ…っていう感じです)

お値段:★★★

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2009年8月 »